観光協会のインスタグラムもよろしくお願いします!

天空都市 バギオ 観光スポット&楽しみ方

フィリピン・バギオ ・観光




フィリピン・バギオ市はルソン島中部にある山岳都市、マニラからバスで5〜6時間の距離にある。

フィリピンとは思えない涼しさで過ごしやすい。
フィリピンというよりも、ベトナム北部に似ている気もしなくもない。

現在でも避暑地として、また世界遺産のバナウエやビガンへの窓口として多くの国内外旅行客が訪れる。

もっとも、滞在した「肌感」としては国内旅行客(つまりフィリピン人旅行客)の方が多そうなイメージだ。

天空都市とも言われ、標高1500メートルくらいに位置する盆地あるので、とても涼しくて過ごし安い。

また、昨今では英語留学の聖地としても有名だ。

今回の観光スポット&楽しみ方まとめは、ちょっとマニアックかもしれない。

あえて、普通にランキングされていたところは外から眺めるだけにとどめ、

「ふ〜ん」といった感じで素通りしてきたためだ。



バギオ観光 初日:ローデス・グロット(Lourdes Grotto)

カソリックの聖地としてバギオで有名で、252段の階段が圧巻だ。

それを登って上まで行けば、とても見晴らしがいい。

瞑想などを行なっている人もいるらしい。

バギオ 観光・ローデスグロットバギオ 観光・ローデスグロット

確かに、ここでヨガなどしていたら、気持ちいいかもしれない。

階段の登り降りで健康にも良さそうだし。

バギオ 観光・ローデスグロット

<場所>

バギオ観光 初日:ディプロマット・ホテル (Diplomat Hotel)

1915年に修道女たちの別荘、神学校として建築された。

第二次大戦時、日本軍のバギオ侵攻時に、一般人の避難所として使用されたが、
その後、日本軍占領した。

バギオ 観光・ディプロマット・ホテルバギオ 観光・ディプロマット・ホテル

1977年にホテルとして営業開始したが、その後営業停止、1990年ルソン大震災でダメージ。

現在、インスタ映え、記念撮影、映画製作、コスプレの名所として人気。国定史跡。

バギオ 観光・ディプロマット・ホテルバギオ 観光・ディプロマット・ホテル

幽霊が出るという噂(ネタ)もある。

<場所>

ビガン市訪問 2日目:世界文化遺産

16世紀からスペインの支配化で発展した地方の街。

戦前から日本人移民も多かったらしい。

終戦時には、この街を愛した日本人兵士と現地神父の努力でアメリカの爆撃を避けた
ことで、現在の街の景観が残っているという逸話がある。

ビガン・観光・世界文化遺産ビガン・観光・世界文化遺産

ここは本当に、フィリピンとは思えない街並みを楽しめる、インスタスポットだ。

雰囲気あるカフェやお土産屋、レストランもある。

世界文化遺産。

ちなみにビガンは、バギオから車で5時間ほどかかるが、訪れる価値はあると思う。

→ビガンについての詳しい記事はこちらから

砂丘のバギー体験@イロコスノルテ 3日目

ビガンから2時間。砂漠の超興奮バギー体験&サンドボードが体験できる。

1台2500ペソ。

平日だったせいか、客はほぼいなかった。

イロコスノルテ・砂丘・バギー・サンドボードイロコスノルテ・砂丘・バギー・サンドボード

しかし広大な砂丘を4輪の車で疾走した後に、砂丘沿いに広がる青い海を臨むのは本当に気持ちいい。

ちなみにこのバギー(バギーっていっていいのかな?)、かなり過激に砂漠を走る。

ジェットコースター並だと思ったほうがいい。

貴重品が砂漠でロストしないように注意しよう。

私はサングラスが割れて、友人はビーサンのゴムがちぎれた。

イロコスノルテ・砂丘・バギー・サンドボード

<場所>



バギオ観光 4日目:ナイトスポット

ザ・キャンプ

現地の若者や留学生に人気の商業施設で4つのバーやクラブが入っている。
水曜日、金曜日、土曜日に賑わうらしい。

今回、月曜に訪問したところ、4つの店舗で客が僕含めて2〜3人という寂しさを味わった。

バギオ ・ナイトスポット・キャンプ

ルーモア

セッションストリートに面したバー。ケバブも食べられる。

ストリートを眺めながら飲むことができるので、バギオ観察が出来て好き。

バギオ ・ナイトスポット・ルーモア

アルバトロス・ミュージックバー

ライブバンドを行なっているバー。

ちょっと暗めの雰囲気で私ですら一瞬入店をためらったが、結果、大丈夫。

カウンターで飲んでいたら、商売系の女性紹介のおばちゃんに声をかけられた。

バギオ ・ナイトスポット・アルバトロス

バギオ ・エンジェル

いわゆるゴーゴーバー的な、ストリップバー。

ここも入店をためらわせるオーラを放っているが、入ってみれば、ローカル中心に盛り上がってる。

暇な夜はここでだらだら飲んでいるのもいいかも。

ビールはミニマムオーダー2本からだった。

2019年・今回の訪問時の情報

新市長が就任して、喫煙に対する処罰が厳しくなっている。

また、飲食業の営業許可についても厳しくなっているようで、
お酒の提供が突然できなくなったレストランがあるようだ。

その影響かどうかわからないが、

・飲み会の聖地として有名だった「レッドライオン」は現在閉店中のようだった。
・ナイトクラブの聖地として有名だった「モンロー」は現在閉店中のようだった。

バギオ観光:その他番外(有名だが行けなかった)

ナイトマーケット

すごく楽しそうだったが、混雑していたので、パス。

バギオ ・ナイトマーケット

ジョン・ヘイ

綺麗なところだったが、広すぎたので、パス。

ライト・パーク

乗馬ができるらしくて少し惹かれたが、時間の都合で、パス。

マインズ・ビュー

景色が綺麗だよ〜と聞いたが、山を見飽きてきたので、パス。

まとめ

バギオやその周辺、またイロコスノルテに到るまでのルソン北中部は、すごく道路が整備されているなあと感じた。昔の大統領、マルコスがこちら出身で、優先的に整備したのだとか。

車で走っていると、ちょっと日本に雰囲気が似ている気がした。

おそらく、道路だけでなく、植物の群生も日本に近くて何か親近感がわく山や森林だからだろうか。

なんせもはや、ここまできたら、ドゥマゲッティに帰るよりも、与那国島にいった方が近い。



シェアして街おこしに協力!