観光協会のインスタグラムもよろしくお願いします!

3月16日続報:コロナ関連・ネグロスオリエンタル封鎖

フィリピン・コロナウイルス情報

マニラ・セブに続き、ネグロスオリエンタル州にもコロナ対策の通達が出ました。3月17日深夜に発効します。

ネグロスオリエンタル州はドゥマゲッティのある州です。ドゥマゲッティはすでにセブやマニラから隔離されている状態ですので、この州を封鎖することが移住者や在住者にどこまでの影響があるのか不明ですが、例えば、バコロドードゥマゲッティやシキホール島ードゥマゲッティなどの近隣の移動が不可能になってくると思います。

<参考>
3月13日の情報
3月15日の追加情報



フィリピン・ネグロスオリエンタル州の封鎖ニュース

以下、原文とグーグル翻訳ですが、

This will take effect 12:01AM, March 17, 2020!

1. STATE OF CALAMITY. The Province of Negros Oriental thru the Provincial Risk Reduction and Management Council (PDRRMC) has passed a resolution putting the whole Province under a state of calamity due to the COVID-19 pandemic.

2. CLOSING OF BORDERS. All borders, ports, and airports of Negros Oriental are now declared CLOSED, effective immediately and shall remain in full force and effect until April 14, 2020. Entry of persons shall be restricted except to the following: (1) all duly identified residents of Negros Oriental, its cities and municipalities; (2) health workers responding to emergency; (3) members of the PNP, PCG, BFP and all branches of the AFP; (4) persons travelling for urgent medical or humanitarian reasons; and (5) persons transporting essential goods, supplies and medicines;

A. Deny entry to all non-residents of the Province of Negros Oriental, with or without symptoms of COVID-19;

B. Allow entry to all returning residents of the Province of Negros Oriental, with or without COVID-19 symptoms. All returning residents shall be required to present a valid government issued identification card prior to entry.

All returning residents must be checked for signs and symptoms of COVID-19 and undergo the following:

(A) A 14-day home quarantine;
(B) Endorsement to the Barangay or LGU where they reside; and
(C) Monitoring by the Barangay Health Emergency Response Teams (BHERTs)

3. EXTENSION OF NO CLASSES. It is hereby ordered that the suspension of classes in all levels for both private and public academic institutions shall remain in full force and extended until further notice.

4. REGULATION OF AIR, SEA, AND LAND TRANSPORTATION. All air and sea travel are hereby BANNED during the effectivity of this executive order. The Civil Aviation Authority of the Philippines is hereby directed to ensure that all airports in Negros Oriental remain closed until further notice. The Philippine Coast Guard and the Philippine Ports Authority are also directed to ensure that all ports in Negros Oriental remain closed until an order to reopen shall have been issued.

BY AUTHORITY OF THE GOVERNOR:

Bimbo G. Miraflor
PIO-NEGOR



これは、2020年3月17日午前12時1分から有効になります!

1.災害の状態。州東部州ネグロス州は、州リスク軽減管理協議会(PDRRMC)を通じて、COVID-19のパンデミックにより州全体を災害状態にする決議を可決しました。

2.境界線の閉鎖。ネグロスオリエンタルのすべての国境、港、空港は現在、閉鎖され、即時に有効であると宣言され、2020年4月14日まで完全に効力を持ち続けます。次の場合を除き、人の立ち入りは制限されます。ネグロスオリエンタル、その都市および市町村。 (2)緊急事態に対応する医療従事者。 (3)PNP、PCG、BFPのメンバーおよびAFPのすべての支店。 (4)緊急の医学的または人道的理由で旅行する人。 (5)必需品、物資、医薬品を輸送する人。

A. COVID-19の症状の有無にかかわらず、東ネグロス州のすべての非居住者への入国を拒否します。

B. COVID-19症状の有無にかかわらず、東ネグロス州のすべての帰国住民への入国を許可します。すべての帰国住民は、入国前に政府発行の有効な身分証明書を提示する必要があります。

すべての帰国者は、COVID-19の兆候と症状を確認し、以下を行う必要があります。

(A)14日間の自宅検疫。
(B)バランガイまたはLGUが居住する場所への支持。そして
(C)バランガイ保健緊急対応チーム(BHERT)による監視

3.クラスの延長。これにより、私立および公立の両方の学術機関のすべてのレベルでのクラスの停止は、引き続き有効であり、通知があるまで延長されるように命じられています。

4.航空、海および陸運の規制。この大統領令の有効期間中、すべての空路および海路の移動は禁止されています。フィリピンの民間航空局は、ネグロスオリエンタルのすべての空港が今後の通知まで閉鎖されたままであることを保証するように指示されています。フィリピン沿岸警備隊およびフィリピン港湾局は、再開の命令が発行されるまで、ネグロスオリエンタルのすべての港が閉鎖されたままであることを保証するようにも指示されています。

知事の権限により:

ビンボ・G・ミラフロール
PIO-NEGOR

 

コロナうざい〜!!!

 

シェアして街おこしに協力!