観光協会のインスタグラムもよろしくお願いします!

シキホールのおすすめ滞在先

シキホール島・リゾート滞在

ここではシキホール島のおすすめ滞在先10選をリストアップしています。

シキホール島のホテル・リゾートにはたくさんの選択肢があります。
ちょっとお高めのビーチリゾート、もしくは中クラスのアットホームなリゾート。

また、もしあなたが、バックパッカーのような予算の限られた観光客なら、
安いドミトリーを選択することもできます。

もっとも、高級ビーチリゾートと言っても、シキホール島のそれは、セブのマクタンや、
ボホール島のリゾート比較すると半額前後の値段になるので、非常にお得なリゾート
と言えます。




シキホール島のリゾート1 ココ・グローブ・ビーチリゾート

シキホール島・ココグローブ・ビーチリゾート・おすすめ予算感:1泊 10,000円〜16,000円 (1室2名料金)
シキホール島で老舗のリゾートといえば、ここ、Coco Groveが一番に挙がる。敷地内にレストラン、バー、マッサージ、土産屋もあり、居ようと思えば、滞在中ずっとリゾート内にステイしてもあまり退屈しない。毎週土曜日にはカルチャーショーとブッフェ形式のパーティがある。

Coco Grove Beach Resort のHPはこちら

シキホール島のリゾート2 サラマンカリ・リゾート

シキホールのリゾートランキング・サラマンカ・ビーチリゾート予算感:1泊 10,000円〜14,000円(1室2名料金)
見晴らしの良いビーチリゾートでは、Salamangkaがおすすめになる。レストラン、バーも敷地内にあり、ビーチ沿いのテーブルで頂くことができる。シキホールの地ビールも飲むことができる。少しサンファン地区から離れているので、周辺は静かでプライベートを確保できる。

Salamangka Resort のHPはこちら

シキホール島のリゾート3 インフィニティ・ハイツ・リゾート

シキホール・マウンテンリゾート・おすすめ・滞在先・インフィインティ予算感:1泊 10,000円〜14,000円(1室2名料金)
シキホール島にありながら、あえて山の中腹に位置するのがInfinity Heights Resort. ビーチ沿いのリゾートと比較すると、その涼しさに驚くことだろう。マウンテンリゾートと言っても、ビーチまでは車やバイクで20分程度でアクセスすることができる。レストラン、バー併設。

Infinity Heights Resort のフェースブックページはこちら

シキホール島のホステル1 カリスマ・ビーチリゾート

シキホール・カリスマビーチリゾート・厳選リゾート予算感:1泊 3,000円〜5,000円(1室2名料金)
サンファン地区の好立地にありながら、かなりリーズナブルにステイできるのが、Charisma Beach Resort. プライベートルームに加えてドミトリールームもある。ビーチ沿いに立地しており、すぐにスノーケリングをすることができる、またビーチに寝そべりながらビールを飲むのも最高。

Charisma Beach Resort のHPはこちら



シキホール島のホステル2 ザ・ブルース

シキホール島・ブルース・おすすめホステル予算感:1泊 5,000円〜9,000円(1室2名料金)
サンファン地区にありながら広い敷地に多くのネイティブ風ロッジを備えているのがThe Bruce。ビーチ沿いの施設なので、いつでもスノーケリングに出かけることができる。近くに週末ディスコがあり、地元民や旅行者で賑わっている。

The Bruce のHPはこちら

シキホール島のホステル3 ハンビリカ・エコロッジ

シキホール島・ホステル・ハンビリカ予算感:1泊 3,000円〜50,00円(1室2名料金)
リーズナブルなロッジながら、ガーデニング好きのオーナーの手入れが行き届いた庭で心が癒される。サンファン地区に位置しているが、少し中心から離れた静かな場所に立地している。ひとり旅をしているけど、ドミトリーはちょっと・・・という人にはおすすめかもしれない。

Hambilica Ecolodge のHPはこちら

 

シキホール島のユニーク滞在先 グランピング・シキホール

グランピング・シキホール島・おすすめステイ先予算感:1泊 3,000円〜50,00円(テント1つの料金)
最近話題のグランピングをシキホールでもチャレンジできる。
仲間でテントひとつを借りることもできるし、ドミトリー形式のミックステントもある。より自然に近い、エコなトリップをしたいという方は是非チャレンジしてみてほしい。欧米系のバックパッカーに人気の宿。

GLAMPING Siquijor のHPはこちら

シキホール島のゲストハウス1 レイジー・リザード

シキホールのドミトリー・レイジーリザード予算感:1泊 800円〜1,000円(シェアベッドルーム)
シキホール島の格安宿。怠惰なトカゲという意味のLazy Lizardは、確かに旅人を怠惰にさせてしまいそうな、リラックス&アットホームな雰囲気がある。レセプション周辺で軽食やコーヒー、ビールなどを購入して飲むことができる。水シャワー、扇風機のお部屋になる。

Lazy Lizard のフェースブックページはこちら

シキホール島のゲストハウス2 トリス・バックパッカーズ

シキホール島・安宿・トリス・バックパッカー予算感:1泊 800円〜1,000円(シェアベッドルーム)
シキホールの安宿、バックパッカーで賑わう海沿いのホステル・ゲストハウス、Toris Backpackers。とにかくシキホール島を格安で巡りたい、予算を抑えたい人に優しい宿。旅人同士の交流を通して友達も作りやすいかもしれない。

Toris Backpackers のフェースブックページはこちら

シキホール島のゲストハウス3 JJ’s バックパッカーズ

シキホール島・安宿・JJ・バックパッカー予算感:1泊 800円〜1,000円(シェアベッドルーム)
こちらもシキホール島の安宿。このJJ’s BackpackersやTorisはビーチ沿いに立地したゲストハウスなので、海沿いでまったりしたいという人にも向いている。

JJ’s BackPackers Village のHPはこちら

 


その他シキホールの楽しみ方はこちら

シキホール島のおすすめ観光2:ネイチャーアクティビティ

シキホール島・ウォーターフォール・ハイキング
シキホールは滝でジャンプできる。

シキホール島は、多くの珊瑚礁や熱帯雨林に囲まれた島だ。自然好きな方であれば、スノーケリングをしたりカヤックをしたり、ハイキングをしたり洞窟を探検したりと、ちょっとしたエコツアーを楽しめる。もちろん、ダイビングスポットもあるので、ライセンスのある人はダイビングにもチャレンジできる。

おすすめのアクティビティについてはこちらのページから

 

シキホール島のおすすめ観光3:レストラン巡り

シキホール・レストラン・バー
シキホールの夜は欧米人旅行者で賑わう

外国人移住者も多いこの街では、なかなか美味しいレストランもある。週末はライブバンドなどをしていることもあるので、2〜3件のレストラン・バーをはしごして食べ歩き、飲み歩きをするのもおすすめだ。

おすすめレストランについてはこちらから