観光協会のインスタグラムもよろしくお願いします!

フィリピン「リタイヤメント・ビザ」のメリット考察

フィリピンのリタイヤメントビザのメリットを考察



 フィリピン「リタイヤメント・ビザ」の費用考察

一般的な日本人の予算感を考えると、

年金受給前の移住・長期ステイ → スマイル
年金受給開始後の移住・長期ステイ →  クラッシック(預託金1万$パターン)

を選択するのが現実的なのではと思います。

もちろん、若くして予算をお持ちの方や、追々フィリピンで投資も視野に入れたミドル〜シニアの方はさらに選択肢が広がりますが、一般的な、手に入れやすい海外移住の夢、と言う意味では、上記の選択になるのではと思います。

ツーリストビザの連続延長 VS リタイヤメント・ビザ  費用比較

しかしながら、フィリピンに長期滞在している外国人のほとんどは、ツーリストビザ を延長して滞在しています。それでも最大連続3年ステイできてしまうのがフィリピンです。

フィリピンのツーリスト・ビザ の延長申請フォームはこちらから

<3年ステイした場合の費用比較>

ツーリスト・ビザ  VS リタイヤメント・ビザ

*ツーリストビザの延長は特急料金除く
*1ドル=110円、1ペソ=2.1円
*ツーリストビザ の料金は変動や、ちょっと間違えている可能性もあります。

<お一人様の場合・3年分>

お一人でのんびりフィリピンライフをお考えの方

ツーリスト・ビザ リタイヤメント・ビザ
延長3年分 47730ペソ 申請料金 1400ドル
ACR-Iカード3年分 150ドル 年会費3年分 1080ドル
ECC発行 500ペソ ツーリスト・ビザ 初回分 2030ペソ

ツーリスト・ビザ  100,233円+16,500円+1,050円=117,783円
リタイヤメント・ビザ  154,000円+118,800円+4,263円=277,063円

ツーリスト・ビザ延長の方が安いです。

ビザの料金や、SRRVの会費が変わらない限りは、以下のグラフのように平行線で推移します。



リタイアメントビザ と観光ビザの比較(一人の場合)のグラフ
<カップル移住の場合・3年分/2人分>

例えば・・・アーリーリタイヤ移住や海外ノマドワークでのフィリピン移住。

ツーリスト・ビザ リタイヤメント・ビザ
延長3年分 235,566円 申請料金 1700ドル
ACR-Iカード3年分 年会費3年分 1080ドル
ECC発行 ツーリスト・ビザ 初回分 4060ペソ

ツーリスト・ビザ  235,566円
リタイヤメント・ビザ  187,000円+118,800円+8,526円=314,326円

ツーリスト・ビザ の方が安いです。

ただし、以下のグラフのように、約5年目を境にリタイヤメント・ビザの方がお得になります。

そのため約5年程度以上のフィリピン滞在を検討する場合はSRRVの方が安くなります。

SRRVと観光ビザの費用比較(2名の場合)のグラフ
<3人家族の場合・3年分/3人分>

例えば・・両親+子供一人で移住・現地就学をお考えの方。

ツーリスト・ビザ リタイヤメント・ビザ
延長3年分 353,349円 申請料金 2000ドル
ACR-Iカード3年分 年会費3年分 1080ドル
ECC発行 ツーリスト・ビザ 初回分 6090ペソ
SSP 30,000ペソ

ツーリスト・ビザ  353,349円+63,000円=416,349円
リタイヤメント・ビザ  220,000円+118,800円+12,789円=351,589円

学生ビザ やSSPを考えると、リタイヤメント・ビザ のほが安くなります。

以下のグラフのように、3人家族の場合は、2年を過ぎたあたりからリタイヤメント・ビザの方がお得になってきます。



3人家族でフィリピン移住する場合の費用の折れ線グラフ

家族で移住する場合は、リタイヤメントビザ の方が総額でお得になる可能性が非常に高いです。

お一人様の場合、ツーリストビザ の延長で滞在する方が基本的に安いです。

お二人人様の場合、4〜5年以上の場合、リタイヤメントビザで滞在する方が安いです。

しかしながら、

  • いつまでフィリピンがツーリストビザ での長期滞在を認めるかわからない。
  • リタイヤメント・ビザを持つことのいくつかのメリットをどう捉えるか。
  • ツーリストビザ の場合、度々イミグレーションに出向かなければならない。
  • 現地で就学や就労をするかどうか。

この辺りの条件をどう考えるかで、どちらのビザ にするかが変わってくるかと思います。

シェアして街おこしに協力!