観光協会のインスタグラムもよろしくお願いします!

イミグレにグイグイ食い込むカフェバー「What’s Brewing」

whats brewing 店内

ドゥマゲッティのイミグレーションの目の前に出店したカフェ・バー「What’s Brewing」はボリューミーなサンドウィッチとクラフトビールをリーズナブルに楽しめるお店です。

このリカーバン(禁酒法)時代にイミグレの目の前でクラフトビールを提供するという超攻撃的で素敵なお店です。

「What’s Brewing」のマップ

ドゥマゲッティのイミグレーションのあるビル、それもイミグレの目の前に位置します。

「What’s Brewing」の写真

これがイミグレへの通路ですが、いつみても怪しく、見ぐるみ剥がれるのではないかと思えてしまうビルディングです。

通路
この怪しい通路の奥にイミグレと、お店がある。

イミグレの目の前。

以前なら外国時が列になっていた場所なので、出店戦略としては大変面白いかなと。

もしビザ更新の外国時が全員なにか注文したら大変な利益です。

入り口
入り口。ガードマンはイミグレのガードマン。

地ビールは80ペソで生が飲めます。

くだらないイミグレでの更新作業などの合間に憩いのひと時を。

メニュー
メニュー。

現在3種類の生があります。

ドゥマゲッティ地ビールのバーディ・ナムナムと、アポロン・ブリューイング。

両方、外国人経営なので味の方はGood。

地ビール
地ビール。リカーバンなのでソフトドリンク用マグ。

サンドイッチはお得価格。

ビーフ・テンダーロインサンドイッチと手作り大きめピクルスのセットで180ペソ。

その他、チープなやつもあります(120ペソ〜)。

whats brewing 店内
サンドウィッチおいしい。

こじんまりで、スタッフさんと雑談しながら2〜3杯ひっかけて、ハイテンションでイミグレに突入!

カウンター
こじんまりカウンター。

 

シェアして街おこしに協力!