観光協会のインスタグラムもよろしくお願いします!

日本からフィリピン(マニラ・セブ・ドゥマゲッティ)への飛行機代比較<2019年秋>

日本からフィリピン・ドゥマゲッティへの飛行機代

ドゥマゲッティへ飛行機で来る場合、マニラかセブで国内線に乗り換える必要がある。

それが、多くの日本人が足を向けたがらない理由だ。

しかしそのハードルを超えること、

日本の延長のようなベタで商業化された観光地ではない、

見たことの無いようなヘブンとピュアな人々が存在するのである(としておこう)。

日本からドゥマゲッティへ飛行機で来る場合

しかし、乗り換えが発生するということは、費用もそれなりにかさむはず。

もちろん普通であれば、ドゥマゲッティ往復の方が少し高いはず。

ということでいくつかの期間・行き先で比較してみた。

マニラ・セブに関しては直行便のみ。LCCがある場合はLCCを優先した。

東京からフィリピン各都市への往復の飛行機料金比較

期間 DGT往復 マニラ往復 差額 セブ往復 差額
10/5-11/2 47,659 29,043 -18,616 38,457 -9,202
11/2-12/28 73,478 47,546 -25,932 64,937 -8,541
2/29-3/28 57,354 28,909 -28,445 47,995 -9,359
平均 59,497 35,166 -24,331 50,463 -9,034

<東京からの場合>

マニラ往復運賃とドゥマゲッティ往復運賃の平均差額=24,331円。

セブ往復運賃とドゥマゲッティ往復運賃の平均差額=9,034円。

マニラとの差額がとても大きい。

大阪からフィリピン各都市への往復の飛行機料金比較

期間 DGT往復 マニラ往復 差額 セブ往復 差額
10/5-11/2 31,298 20,036 -11,262 27,629 -3,669
11/2-12/28 61,797 37,071 -24,726 46,215 -15,582
2/29-3/28 34,052 24,489 -9,563 36,096 2,044
平均 42,382 27,199 -15,184 36,647 -5,736


<大阪からの場合>

マニラ往復運賃とドゥマゲッティ往復運賃の平均差額=15,184円。

セブ往復運賃とドゥマゲッティ往復運賃の差額が5,736円。

*セブとの差額「5,736円」であれば、ドゥマゲッティの物価の安さを考えると全く問題無いレベルだ。
*セブ×ドゥマゲッテ比較で二月はドゥマゲッティの方が安かった。

名古屋からフィリピン各都市への往復の飛行機料金比較

期間 DGT往復 マニラ往復 差額 セブ往復 差額
10/5-11/2 35,873 25,330 -10,543 31,878 -3,995
11/2-12/28 43,724 25,700 -18,024 37,999 -5,725
2/29-3/28 41,422 22,759 -18,663 34,114 -7,308
平均 40,340 24,596 -15,743 34,664 -5,676

大阪と似た結果。マニラとドゥマゲッティの差額が15,743円。

セブとドゥマゲッティの差額が5,676円。

まとめ

ドゥマゲッティ行く場合、往復運賃はマニラのそれよりも1万5千〜2万5千高い。セブより5千円〜高い、ただし、「マニラ経由のドゥマゲッティ行」は、「マニラ経由セブ行き」より安い場合があるようだ。ドゥマゲッティは生活コストや観光コストが安いので、マニラとの差額1万5千円〜は、長期滞在の場合は問題にならない額だが、心情的にちょっとハードルが高い額かなあと思った。

物価が安いと言われても、現地に来るまではなかなか実感できないだろうし、やはりドゥマゲッティの各種サービス業(外国人向け)は、マニラ・セブより、少しくらい安いってのがちょうど良いのかもしれないと思った。

シェアして街おこしに協力!