観光協会のインスタグラムもよろしくお願いします!

フィリピンのATMで銀行カードが飲み込まれた。

フィリピンのATM

フィリピンに留学に来た生徒たちがしばしば直面するのが、ATMで銀行カードやクレジットカードを飲み込まれて戻ってこないという悲劇的な事態だ。

週末や深夜にお金をおろそうとしたり、ポツンと街中にたたずんんでいるATMでお金をおろそうとするからそういうことになるんだよ・・・と思っていたが、ついに自分もやってしまった。

日曜日の昼下がりに大学構内にあるフィリピンナショナルバンク(PNB)のATMにてカードを食べられた。

しかもまたセブに行く直前に。

フィリピン・ドゥマゲッティのATM

この画面のまま、ATMの機械がフリーズした。

ATMでカードが戻ってこないということは、「カードが中で詰まったんだ」と思い、このままでは心配で家にも帰れないし、後にこのATMを使う人にも迷惑がかかるだろうと、PNBのマネージャーをしている友人にメッセージをした。

しかしながら、なぜか楽観的?他人事?な返事。

フィリピン・ドゥマゲッティのATM

僕:カードが詰まっちゃんだよ。
彼:どれだけそこにいるの?月曜日じゃないと取れないよ。
僕:緊急連絡先はないの?
彼:あるけどいずれにせよ月曜だよ。

のような内容。

同時に周辺をうろついていた大学の警備員がいたので捕まえて、ことの顛末を話、
このATMは危険だから、張り紙をした方がいいのでは?とアドバイスをしても、

警備員:ノープロブレム。

どうも色々な話を聞いていると、カードが戻ってこないのは、詰まったのではなくて。ATM機械の中の胃袋のようなポケットに収容されているそうだ。

だから次の人が使っても問題なく手続きできるそうだ。

つまり、僕のATMカードも取り出せないだけで、安全なのだとか・・・

という感じで1週間後にPNBのオフィスに出向いた結果、無事カードは取り返すことができた。

無駄に焦って少し恥ずかしかった。というお話。

 

シェアして街おこしに協力!