観光協会のインスタグラムもよろしくお願いします!

コロナ関連情報|自宅待機令の緩和

ドゥマゲッティでの自宅待機命令の更新情報

フィリピン・ドゥマゲッティでの自宅待機命令が5月1日から緩和されます。フィリピン全土ではまだ基本的にロックダウン&ECQ(エンハンスト・コミュニティ・クアランティーン)が施行されていますが、コロナ症状者が少ない・出ていない一部の地域だけで緩和されます。

緩和された自宅待機令の名称はGCQ(ジェネラル・コミュニティ・クアランンティーン)です。

その他のコロナ関連記事はこちらから

[blogcard url=”https://dumaguete-navi.com/tag/covid/”]

新たな自宅待機令(緩和版)の内容

ドゥマゲッティでの自宅待機命令の更新情報

ざっくり言いますと、

  • 21歳以上〜59歳以下の外出は自由になります。それ以外の年齢は外出不可。
  • 外出には門限があります。
  • ビジネスの再開は業種によってOKです。レストランやバーはテイクアウトのみOKです。
  • 公共交通機関は再開しますが、人数制限がかかるようです。
  • 学校の再開については、まだ明確ではありません。



GCQについて

強い自宅待機令がECQで、外出が週に2回〜程度、買い物のみ許されました。

GCQ(ジェネラル・コミュニティ・クアランティーン)はその緩和版で、上記のように制限付きで行動の自由が広がります。

つまりは、いきなり元のような生活・社会には戻らずに、段階的に戻っていくという形です。

もっとも、段階的であったとしても、本当に元どおりになるかはまだ不明です。

よく言われる「ニュー・ノーマル」の世の中が、中長期の長さでこのGCQのような生活になるという可能性もあるかもしれません。

フィリピンや諸外国はいきなりロックダウン!から徐々に緩和。

日本は緩く自粛ムードから徐々に強化。

双方の落ち着く先は同じような「ニュー・ノーマル」の世の中なのかもです。

シェアして街おこしに協力!