観光協会のインスタグラムもよろしくお願いします!

コロナ関連3月24日:フィリピン・ドゥマゲッティ状況まとめ

フィリピン・入国管理局(イミグレーション)でのコロナウイルス関連情報

コロナ関連でのフィリピン・ネグロスオリエンタル州・州都ドゥマゲッティ(ドゥマゲテ)の状況をまとめてみました。3月24日お昼ころ段階に得られた情報です。



ドゥマゲッティでの各種法令(3月24日段階)

  • 外出禁止:65歳以上と学生は24時間自宅待機。
  • 営業制限:全ての店舗は8時AM〜8時PMの営業許可
  • 門限:夜9時が門限(業務従事者は除く)。罰金3,000ペソ。
  • 対人サービスの店舗は終日閉店。例:マッサージ、ヘアサロン、ジム、テンプラ屋台など。現時点でレストラン・バーの閉店命令は出ていない。
  • パブリックマーケット:マスク着用義務。入場制限。
  • イミグレーション:観光ビザの延長は現状可能。
ドゥマゲテでもコロナ対策の法令が出た
対人商売の営業を停止する命令

セブやマニラへの移動方法

セブ行きの便が不定期に出発しているようですが、まだ情報が錯綜しています。近日情報更新したいと思います。



その他徒然

  • 日経新聞が提供している、世界のコロナ感染者状況マップが見やすいです。https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-world-map/
  • 門限設定や外出制限が次々に発せられたことで、街中の雰囲気は静かに、交通量もへり排気ガスも少なくなりました。しかし、ここまで厳しく取り締まると、かえって人々の心のなかに、目に見えないウィルスへの恐怖心を煽ってしまう可能性もあるでしょう。
多くの商店が閉まっている
シャッターが降りているダウンタウン・ドゥマゲッティ
ダウンタウンの様子
走りやすい。いつもこのくらいでもいいのに。
コロナ・ロックダウン後のドゥマゲテ
排気ガスが少ない。少しだけ美しい海岸線に戻った。

コロナ関連過去記事

 

 

 

シェアして街おこしに協力!