観光協会のインスタグラムもよろしくお願いします!

ジャパンサープラスを訪れてみた

ジャパンサープラス

ドゥマゲテ(ドゥマゲッティ)のジャパンサープラス(Japan Surplus)では、日本の中古品なんでもかんでもを、倉庫のように大きい店舗で大量に販売している。

日本製の家具〜中古家電、食器などを中古価格で購入できる(フィリピンの大都市、マニラやセブでは何店舗もジャパンサープラスがある)。

同じように時にUSサープラス(US Surplus)と言うものも見かける。これはアメリカの中古品販売店だ。どうやらフィリピンの商社みたいな人々が各国から中古品を大量に仕入れ、現地で販売しているようだ。

ドゥマゲテに移住する方、長期滞在する方には、ジャパンサープラスやUSサープラスで生活用品を揃えるのも一つの選択肢だ。

<豆・英単語知識>
Surplus > 余剰・払い下げ、等の意味。

ジャパンサープラス@フィリピンで日本製品を買おう

フィリピンで中期・長期滞在をする人にとって懐かしく、そして使い勝手が良い製品が手に入ると言うわけだ。

やはり日本製品はクオリティの割にお手頃価格だ。そして日本人が使っていた中古品は綺麗に使われているため、それほど壊れたり汚れたりしていない。

ドゥマゲッティのジャパンサープラス

ついについに、ドゥマゲッティにもジャパンサープラスが出来たと聞きつけ、早速訪問してみた。

場所は正確にはドゥマゲッティではなく、隣町のシブラン市にある。しかしバイクで5分くらいの距離なので、なんてことはなかった。

ジャパンサープラス・フィリピン・ドゥマゲッティ
ジャパンサープラス・フィリピン・ドゥマゲッティ
ジャパンサープラス・フィリピン・ドゥマゲッティ

田舎町ドゥマゲッティにだけ住んでいる僕としては、ジャパンサープラスは初めての訪問だった。

ベッド、家具からお皿、コップ、人形や時計、ゲーム、ビニール傘、などなど・・・あるはあるはでかなり驚いた。

料金設定などはよく吟味して買わなければいけないが、ちょっとだけみた感想としては、たまにすごく価値のあるものも、安く出ている気がする。

ブランドモノのお皿も、ダイソーのお皿も、同じ「ジャパンの皿」として値付けされているのだろう。

ジャパンサープラス・フィリピン・ドゥマゲッティ

プレステのゲームも。

ジャパンサープラス・フィリピン・ドゥマゲッティ

人形の裏に記念のメモが・・・昭和63年。
もうすぐ平成が終わり年号が変わるが、哀愁を感じてしまう。

新しい家に家具が大量にいるはずなので、近日「爆買い」予定www

だいたいの位置だが・・・
この辺り。

[blogcard url=”https://dumaguete-navi.com/furnish/939/”]

シェアして街おこしに協力!