観光協会のインスタグラムもよろしくお願いします!

フィリピン世界文化遺産「ビガン」観光・おすすめスポット

ビガン・観光・世界文化遺産




ビガン市はフィリピン・ルソン島北部、マニラの北、約400kmにある小さな街だ。

バギオからは、バスもしくはレンタカーなどで5時間程度かかる。
→バギオ観光・おすすめスポットはこちらから

16世紀からのスペインによる統治下で商業、貿易の拠点として栄えた。

街並みは、スペイン、中国、ラテンアメリカの影響を受けているといわれていて、太平洋戦争時、
ビガンの街並みは奇跡的に戦渦を逃れた。

1999年、旧市街地が、ビガン歴史都市としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、
観光スポットとしての人気が上昇中だ。



ビガンの見所

ビガン観光案内所〜クリソロゴ通り

ビガンの観光案内所のあたりから歩けるクリソロゴ通りやその前後左右の数本の通りが歴史都市「ビガン」
の街並みを楽しめるストリートだ。

昼間と夜で風景や雰囲気が変わるので1泊して両方楽しみたいところだ。

ビガン観光・世界遺産 ビガン観光・世界遺産

おすすめとしては、日差しや暑さを避けるために、午前中早めの時間に散策、
そして夕方から夜にかけて散策。

日中はなるべくお昼寝しているのが得策だろう。

ビガン観光・世界遺産 ビガン観光・世界遺産

この街ではセブンイレブンや、ジョリビー、マンイナサル等のチェーン店も外装の色合いを変えたり、
古い建物を改装して利用していたりと、まるで京都のローソンのように景観作りに協力している。

ビガン観光・お店 ビガン観光・お店ビガン観光・お店 ビガン観光・お店

ローカルフード・駐車場

屋台のローカルフードを楽しみたかったり、車で来た場合はこの辺りを拠点にすると便利だ。

地元の屋台では、特にスペシャルな食べ物はなく、よくあるフィリピンの屋台だが、安価に腹を
満たして、素早く観光に赴ける。

フィリピン・ビガン・ローカルフード フィリピン・ビガン・ローカルフード

ナイトライフ

Bar Teck

クリソロゴ通りに面したかっこいいレストラン・バーが「BarTeck」だ。

深夜2時まで営業しているのが嬉しい。

ちなみに「Teck」はこちらの言葉で「酔っ払い」みたいな意味らしい。

世界遺産で泥酔するのも一興である。

夜は薄暗い光に照らし出された建造物が一層、神秘的になるので、記念撮影も。

ビガン・ナイトライフ・バー ビガン観光・夜景



Calle Brewery

現地の地ビールを提供しているのが「Calle Brewery」。

お店の作りもおしゃれでインスタスポットになり得るだろう。2階建で敷地の裏側でビールを
醸造している。

お店の人たちが醸造蔵の案内もしてくれる。

ビールが一杯140ペソくらい〜、と少々お高めで。現地のリッチピープルや旅行者で賑わう。

ビガン・ナイトライフ・バー ビガン・ナイトライフ・バー

 

ビガン周辺の観光スポット

Bantay bell-tower

最初に監視塔として建造されたのが1591年、その後1857年から教会のベルタワーとして

使用されていた。かなり古い塔で、フィリピン北部、イロコス地方の建築デザイン、雰囲気を

色濃く残しているタワーだ。

タワーの上に上がれば、ビガンの街を一望することができる。

レンガ色が可愛い感じのベルタワーだ。

 ビガン・バンタイベルタワー  ビガン・バンタイベルタワー ビガン・バンタイベルタワー  ビガン・バンタイベルタワー

マーケット

もしあなたがキッチン付きの宿に泊まる場合、ここで食材を買って調理し、

お腹を満たして夜景を観に行くのがいいだろう。

特に、珍しいものは無いが、、食材が安く手に入る。

ビガン・マーケット ビガン・マーケット

ビガン観光・まとめ

この地域、イロコス地方に出向くのは少々手間がかかる。

バギオ経由で車・バスで行くか、マニラからラオアグ(Laoag)へ国内線でフライトし、そこから
ビガンにアクセスするという経路だ。

が、その分、観光客は少なめでゆっくりと自分のペースで観光ができるだろう。

イロコス地方は、道路が整備されていて、快適な移動が期待できる。

ただし、時に山道が激しいので、車酔いも用意しておいた方がいいかもしれない。



シェアして街おこしに協力!